旧オランダ村 街路灯のLED化

旧オランダ村は、長崎県西海市にあったテーマパークで同県佐世保市にあるハウステンボスのルーツとなった施設でした。

建物に使用するレンガや調度品は全てオランダから取り寄せ、忠実にオランダの街並みをつくりだし、当時は東のテーマパークと西のテーマパークとしての位置づけでドラマの撮影などもありました。そのためこの街路灯もオランダ職人の手作りによる器具で、昼夜問わず意匠的なデザインとなっているもので、町の方も大変大事にされており、器具はそのままでLED化出来ないかとの相談を受け、光源の交換のみLED化した事業となりました。

しかしながら当時LEDのランプでは明るさや配光では従来のものに近づけるものはありませんでした。容易に交換はしたいが照明環境は変えることが無いものを求められていたため、弊社の街路灯に使用しているLEDユニットを照射テストで確認を行い進め、今までと変わらない遜色ない雰囲気と明るさを創りだすことが出来ました。

 

正面玄関口にそびえる風車も弊社のLED投光器でライトップいたしました。また、管理施設の一部を省エネ化・CO2削減を実施するため太陽光パネルの設置及び室内の蛍光灯もLED化をしました。

2012/03/29